猫好きと犬好きどちらが多い?

猫好きよりも犬好きのほうが多いことは、テレビのペット特集を見ればよく分かります。犬のほうが番組で登場する頻度が高く、常に主役であることが分かります。日本人は従順な性格の生き物を好むために、自由奔放な猫よりも好きな人が多くなります。散歩のパートナーとして大事にしている飼い主も多いですから、幅広い世代から愛されています。

一般社会では犬が好きな人が多くても、ネットの世界では猫好きが多いと指摘されることがあります。動画サイトでは猫の作品が高く評価され、可愛らしい姿を見て癒される人が続出しています。猫好きの人の性格は内向的といわれることがありますが、実際には人それぞれによって違います。

犬好きが多い状況であっても、猫とは上手に共存できています。一緒に飼うことも珍しくないですから、どちらが良いかを決定的に断言する必要もありません。ペットの世界にも多様性があり、犬好きや猫好きの人も魅力的な個性を持っています。